施工実例

多治見市M様邸

一戸建て 全面リフォーム オール電化

多治見市 M様邸

ご両親との同居を決めたMさんご夫婦。
しかし、築30年の家は老朽化が進み、耐震性にも不安をお持ちだった。建て替えもご検討されたが、最終的には全面リフォームにご決断。
ごらんの通り新築同様に。
耐震工事で地震の不安も根本から解消した上、家族構成に合わせて間取りも変更。限られた空間を無駄なく活用する工夫で、ご家族の新しい生活がスタートした。

  
 

屋根は耐震性を考慮し軽量屋根材に葺き替え、外壁の耐久性、防汚性も飛躍的に改善。もちろん、耐震工事も施し、耐震性を向上。ご家族が安心して暮らせる住まいに。

 
 

構造に必要な筋違いは残し、キッチンと居間を仕切っていた壁を取り払い、オープンに広がるLDKが誕生。白を基調としスッキリした空間は家族皆で集える、明るいLDKとなった。

 
 

物置になっていた離れを内外装まるごと再生。
耐震工事と白あり対策を施し、ご両親専用のお部屋に生まれ変わった。もちろん、バリアフリーに。 

  

  

玄 関

暗くなりがちな玄関は、ドアのスリットや天井近くまで届く縦長のサッシから光を採り込み明るい雰囲気に。
玄関正面には、壁の厚みを利用したニッチ。

  

キッチン

独立型で暗さや寒さを感じていたキッチンは、対面式のオープンタイプに変更。リビングのご家族と会話ができる、明るく開放的なキッチンに。

  

  

ご主人の書斎

中2階下の空間を利用して、ご主人待望の書斎が完成。
大好きな本がいっぱい並べます。

  

  

階 段

古い住宅にありがちな急な階段が、将来のご夫婦の生活を考慮して緩やかな階段に変身。

  

  

浴 室

ご両親の入浴にもやさしい手摺をたくさん設置。
床には、やさしさと気持ちよさが感じられる「ほっカラリ床」を採用。

  

  

トイレ

白で統一された清潔感ただよう水廻り。
以前のタイル貼のイメージを一新。

  

  

サッシ

断熱性の高いペアガラスを採用。

  

 

 

     

ド ア

限られた空間を有効利用する折れ戸ドアを採用。

  

  

  

  

  

IHヒーター

安心で安全性の高いIHクッキングヒーターを採用。